保険の仕組み・起源 保険は何の為?


 根本的なところのお話。そもそも保険って何のためにあるのでしょう?どうやって今の保険制度が出来上がったのか?その起源と保険の仕組みの基本に触れてみましょう。

スポンサーリンク

保険の起源は海上輸送
 むか〜しむかしヨーロッパのとある田舎村、貿易商人のビリー(仮名)という男がいました。ビリーはオリーブや葡萄、繊維、武器などを仕入れては、外国に船で輸送して生計を立てています。ある時、ビリーは思います。
 「今までは、大きな事故もなく無事に積荷を輸送できてきたけど、これからも大丈夫だろうか?特に今度の積荷は量が多いし、万が一、嵐に会ったりして積荷を無くしたり、船が沈んだら大損害だな〜。こりゃ、なんとかしないと。」

 そこで頭の切れる貿易商人ビリーは、村の金持ちの男、ジョン(仮名)を訪ね提案します。
 「ヘイ、ジョン!今度、外国に輸送をするのだが、ちょっと積荷の量が多くて、万が一の事態が怖いんだ。そこで君に提案だ。積荷の分の代金を肩代わりしておいてくれないか?
 もちろんただではとは言わない。無事に届け先に積荷を輸送することができたら、君には肩代わりの代金プラス利子を付けてお金を返そう。ただし、もし僕の積荷が嵐で無くなったり、船が沈没したら肩代わりしてもらった代金は返さない。つまり、積荷が無事なら君は利子の分儲かる。万が一の時は、肩代わりしてもらったお金は僕のものだ。」

 こちらも頭の切れる金持ちの男、ジョンは考えます。
(ムム、これは面白い話だ...。ビリーは今まで、100回以上船で積荷を運んでいるが、今まで一度も積荷を無くしたり、船が沈没したことはない。どう考えても、次の輸送も成功する確率が高いぞ。ということは、ワシはなにもせず利子の分儲かる...。)
「よし、ビリー。その話乗った!」


スポンサーリンク

 この話はまあフィクションなのですが、仕組み自体は史実です。古代ギリシャ時代に貿易商人が考え出した"冒険貸借"という制度で、のちの海上輸送の損害保険の元となっています。この制度では、ビリー=保険加入者、ジョン=保険会社となり、注目に値するのは、先にジョンがビリーに保険金(積荷の肩代わり代金)を払うという点。積荷が無事であれば、あとからビリーがジョンに保険料(利子)を払うという契約になっています。現代の保険とは、お金のやり取りの順序が逆です。頭のいい保険会社は、先に保険料を加入者から取れるように、長い歴史をかけて改善してきたのでしょう。


生命保険の起源
 またまた、むか〜しむかし、とある別の村。マイケル(仮名)とリンダ(仮名)は、貧乏だけど幸せな新婚家庭。でもある日、そんな幸せを壊してしまう悲劇が起きます。マイケルが若くして、不治の病を患い病死してしまったのです。

 リンダ
 「オーッ、マイケル。なんてことなの。こんなに若くして死んでしまうなんて!残された私はどうやって生きていけばいいの?うちは貧乏だから、マイケルの葬式すらしてあげることができない。神様どうか助けてください!!」

 村人は一同に悲しんではくれましたが、葬式を挙げるための費用を出そうという、広い心の持ち主は残念ながら現れませんでした。

 賢者である村長は考え、村人を集めて提案します...。
 「なあ、みんな。今回のマイケルの死で思ったんだが、お金の無い若いうちでも、病気や事故で突然死んでしまう可能性があるんだよ。そこで提案なのだが、葬式代や病気の治療費として、毎月みんなから少しずつお金を出し合ってくれないだろうか?そして、その集まったお金を、病気や突然の事故にあった不幸な村人を助けるのに使うために、積み立てておくんだ。」

 村長は続けます。
 「もちろん、賛同できない村人にはお金を出すことを強制しない。ただし、お金を出さなかった村人が万が一病気や事故にあっても、その村人を助けるためには集まったお金は使わない。あくまでお金を少しずつ出しあった村人の中で、万が一に備えお互いを助け合うんだ。」

 村人は、なるほど、それなら理にかなってるし、うちは貧乏だから葬式代のために備えておこうかな、と考える人もいましたとさ。


 こちらの話は、完全フィクションですが、おそらくこう考えた村長さんもいたことでしょう。生命保険については、その起源は諸説あります。上の話と同様に、葬式・埋葬金を積み立てていた古代ローマ時代の話が史実としてあります。しかし、近代の生命保険と元となるものは、海上保険を扱っていた保険会社が編み出したものだとも言われているようです。人間の寿命を緻密な計算で予測し、利益を出せるように事業化した元となったのは、17世紀末〜18世紀のイギリスでのことです。


保険はギャンブルチック
 運営者がつくづく思うのは、保険はある意味ギャンブル的な側面を持っているのだということ。特に冒険貸借の話など、もろギャンブルだと思いません?積荷の主は、船が沈没するほうに賭け、積荷の肩代わりをするほうは船が沈まないほうに賭ける。どっちが勝つだろうか?わたくしは積荷の代金を肩代わりするほうの、ジョン(=現代の保険会社)が勝つと思います(確率的に考えて)。
 では、このギャンブルに加入者側が勝つにはどうしたら良いのか?もし絶対に自動車事故を起こす機会が無いのに自動車保険に加入したり、あるいは、若くとても健康であるのに早くからガン保険を掛けていたりすれば、このギャンブルには負ける可能性が高い。起こる可能性の無い、または起こる可能性の低いリスクに対して、手厚い保険を掛け、高い保険料を払えば、それだけ負ける可能性(保険金より保険料が高くなる可能性)が高くなることでしょう。
 基本的には、保険は一部の保険金を受け取る加入者以外の、大半の加入者が負けるようにできています。そうでなければ、保険会社は利益が出ないからです。勝つとは行かないまでも、負けを小さくし最大の安心を勝ち取るというのが、保険加入者の命題でしょう。


ギャンブルチックではあるが存在意義があるのが保険
 いずれにせよ、万が一のなんらかの損害時のための相互扶助の精神が、保険を生み出し、保険を支えていると言えるでしょう。お金を広く小さく集めて、皆に起こりうる万が一の事態に備える。万が一の事態が起こった不幸な方には、集めたお金から重点的に保障する。これが保険の根本的な考え方ではないでしょうか。
 長い人生、どんなリスクが訪れるかは分かりません。それを皆で分かち合い、相互に扶助して行こうではないか。こう考えると、いくらギャンブルチックであろうと保険は存在意義のあるもの、そして欠かせないものだと思えます。

スポンサーリンク

生命保険料の節約や保障見直しに、無料の生命保険見直し相談を活用
 ファイナンシャルプランナー(FP)による、生命保険見直し相談のサービスが無料で提供されています。生命保険で保障内容を見なおしたり、保険料を節約したい場合に活用できます。保険のプロに無料で相談できるのでお得で安心です。
保険マンモスの無料保険相談
保険マンモスでは、保険・お金に関する悩みをFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できます。貯金ができない、老後や病気・怪我が心配、生命保険の保障内容を見直したい、などのお悩み・ご要望をFPに相談して解決できます。
保険マンモス【無料】保険相談で楽天スーパーポイント3000pプレゼント!
保険マンモスと楽天のコラボによる保険見直しサービスです。ファイナンシャルプランナーに無料で家計や保険のことを相談できる上に、楽天ポイントを3,000ポイント(3,000円分)もらうことができます。お金の悩みを解決するためにプロのファイナンシャルプランナーに相談できつつ、楽天ポイントももらえるという一石二鳥でオトクなサービスです。
 なお楽天の会員の方であれば、上記の保険マンモスのキャンペーン用リンクからですと、楽天ポイントが6000ポイント(6000円分)もらえるのでさらにお得です。

自動車保険を安くするには一括比較見積もりが便利
 少しでも自動車保険料を安くするためには、自動車保険の無料一括見積もりサービスが便利です。一括で無料見積りできて、自動車保険会社各社の保険料・保険内容を比較検討できます。
【無料】複数の保険会社から自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
保険スクエアbang!では、複数の自動車保険会社に無料で一括して見積もりを依頼できます。見積り依頼で、平均で25000円安く、また5万円以上保険料が安くなった方もいらっしゃいます。5分でできる簡単入力で見積もり結果がすぐに分かり、各保険会社の見積もりを比較検討できる便利なサービスです。


保険の入門基礎
 まずは基礎をじっくりと。基礎が分かれば応用も!
1.保険の仕組み・起源 保険は何の為?
  保険って誰が考え出したの?助け合いの精神
2.保険用語集・これだけは抑えよう
  ちょっと難しいけど、これだけ分かれば大丈夫!
3.保険はリスクに強い・預貯金との違い
  何で保険が要るの?預貯金でいいじゃないっ!?
4.保険の種類
  保険は沢山。でも自分に必要なのを知ればok
5.積立と掛け捨ての違い・どっちが得?
  積立と掛け捨てってよく聞くけど…
6.保険通販・ダイレクト販売の長所・短所
  最近流行ってる保険の通信販売。実際どうよ!
7.保険代理店の長所・短所
  保険代理店を切る!でも良い所もいっぱいある
8.保険選び方の基礎・最低ポイント
  これで分かる保険選びの基本チェックポイント!
スポンサーリンク