保険用語集 これだけは抑えよう


 たくさんある保険の専門用語。一般の加入者は、その全てを覚える必要はないと思います。基本的な保険用語だけを覚え、分からない用語があればその時に調べるというスタンスで良いのだと思います。ここでは、基本中の基本用語だけ学びましょう。このページの用語で、新聞や日常の会話でも出会うであろう次の例文くらいは簡単に分かるようになります。

スポンサーリンク

例文)
 1.今契約している生命保険は死亡保障は充分なんだけど、入院給付金が出るようにしたいなぁ。主契約の医療保険に新しく入るのは高そうだから、今の保険に入院特約を追加できないかな。できれば保険料も安く抑えたい。

 2.最近の超低金利、株安のおかげで、生保が契約者に約束した予定利率と実際の運用利回りとの間に逆ザヤが生じています。生保業界では予定利率の引き下げが危ぶまれています。


保険料
 保険料とは、保険加入者(保険契約者)が保険契約に基づき、保険会社に支払う金額のこと。通常、保険の掛け金とも言われるものです。みんなが安く抑えたいと考えるお金。

保険金
 保険金とは、被保険者に損害が発生した時に(死亡・病気・入院・事故・火災など)、保険会社が被保険者(死亡保険金では保険金受取人)に支払う金銭のこと。

契約者
 保険会社と契約を結び、契約上の一切の権利義務を負担する人。要するに、保険料を支払う義務のある人です。

被保険者
 保険の対象となっている人。

保険金受取人
 保険契約において、契約者から保険金の受取りを指名された人。

スポンサーリンク

主契約
 保険商品の核となる保障内容の部分です。生命保険の場合、主契約(終身保険、定期保険、養老保険など)で死亡保障、特約で入院給付保障というようなパターンが多いようです。

特約
 主契約にオプション的に付ける保障。特約はあくまでもベースである主契約に付加するものですから、保障期間を主契約より長くすることはできません。主契約で保障されない不足部分を特約で補うという形です。(※詳細は保険商品により異なりますので注意してください。付加できる特約に制限がある場合があります。)

死亡保障
 死亡保障とは、被保険者の死亡時に保険金受取人に保険金が支払われる保障のことです。終身保険定期保険養老保険などで保障され、生命保険の主力商品となっています。

入院給付金
 被保険者が病気や怪我で入院した場合に保険会社から支払われる金銭。生命保険の入院特約や主契約の医療保険で保障される。

必要保障額
 必要保障額とは、文字通り万が一のリスクが発生した際に必要となる金額のこと。死亡保障では、被保険者が死亡した場合に必要になる資金の額。入院に対する保障では、一日に必要となる入院給付金の額。
便利な必要保障額のシミュレーションはこちら>> https://www.jili.or.jp/sim/s1.html

予定利率
 保険会社が保険契約者に約束している利回りのこと。個人契約の生命保険の場合、大半は加入時に約束した予定利率がずっと維持されます。

逆ザヤ
 実際の運用利回りが、予定利率を下回ってしまう状態。バブル期(85年〜89年)に生命保険に加入していたら、予定利率は最大6%もあります。現在の厳しい運用状況では、運用利回りは2%を達成するのも難しく、バブル期の予定利率を大きく下回っています。これが逆ザヤ。ちなみに現在2003年、生命保険に新規契約すると予定利率は1.5%。

予定利率の引き下げ
 予定利率が引き下げられると、保険契約者は大損害を被ります。約束されていた保険金が減額される可能性が出てきてしまうのです。今のところ生保各社は予定利率引下げはないと、強調しているようです。96年度以降の予定利率は最初から3%と低いので、予定利率引き下げの恐れは少なそうです。現在(2003年)の予定利率は、1.5%と更に低くなっています。
 予定利率が高いほど安い保険料で高い保険金が受け取れるということになります。今から生命保険に加入する若者にとっては、1.5%という低い予定利率で契約することになるので、高い保険料で安い保険金を受け取るという形になると思います。厳しい時代です。

スポンサーリンク

生命保険料の節約や保障見直しに、無料の生命保険見直し相談を活用
 ファイナンシャルプランナー(FP)による、生命保険見直し相談のサービスが無料で提供されています。生命保険で保障内容を見なおしたり、保険料を節約したい場合に活用できます。保険のプロに無料で相談できるのでお得で安心です。
保険マンモスの無料保険相談
保険マンモスでは、保険・お金に関する悩みをFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できます。貯金ができない、老後や病気・怪我が心配、生命保険の保障内容を見直したい、などのお悩み・ご要望をFPに相談して解決できます。
保険マンモス【無料】保険相談で楽天スーパーポイント3000pプレゼント!
保険マンモスと楽天のコラボによる保険見直しサービスです。ファイナンシャルプランナーに無料で家計や保険のことを相談できる上に、楽天ポイントを3,000ポイント(3,000円分)もらうことができます。お金の悩みを解決するためにプロのファイナンシャルプランナーに相談できつつ、楽天ポイントももらえるという一石二鳥でオトクなサービスです。
 なお楽天の会員の方であれば、上記の保険マンモスのキャンペーン用リンクからですと、楽天ポイントが6000ポイント(6000円分)もらえるのでさらにお得です。

自動車保険を安くするには一括比較見積もりが便利
 少しでも自動車保険料を安くするためには、自動車保険の無料一括見積もりサービスが便利です。一括で無料見積りできて、自動車保険会社各社の保険料・保険内容を比較検討できます。
【無料】複数の保険会社から自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
保険スクエアbang!では、複数の自動車保険会社に無料で一括して見積もりを依頼できます。見積り依頼で、平均で25000円安く、また5万円以上保険料が安くなった方もいらっしゃいます。5分でできる簡単入力で見積もり結果がすぐに分かり、各保険会社の見積もりを比較検討できる便利なサービスです。


保険の入門基礎
 まずは基礎をじっくりと。基礎が分かれば応用も!
1.保険の仕組み・起源 保険は何の為?
  保険って誰が考え出したの?助け合いの精神
2.保険用語集・これだけは抑えよう
  ちょっと難しいけど、これだけ分かれば大丈夫!
3.保険はリスクに強い・預貯金との違い
  何で保険が要るの?預貯金でいいじゃないっ!?
4.保険の種類
  保険は沢山。でも自分に必要なのを知ればok
5.積立と掛け捨ての違い・どっちが得?
  積立と掛け捨てってよく聞くけど…
6.保険通販・ダイレクト販売の長所・短所
  最近流行ってる保険の通信販売。実際どうよ!
7.保険代理店の長所・短所
  保険代理店を切る!でも良い所もいっぱいある
8.保険選び方の基礎・最低ポイント
  これで分かる保険選びの基本チェックポイント!
スポンサーリンク