自動ブレーキが義務化に!自動車保険への影響は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近の自動車の新車によく搭載されている「自動ブレーキ機能」。政府は自動ブレーキの機能の義務化や、自動車の自動走行の実用化に向けて検討を行うと発表しました。
自動ブレーキ:新車装備義務化 米で22年までに – 毎日新聞

また、自動ブレーキ機能搭載の車は、自動車保険の保険料を割り引く方向に向かっているそうなのです。
自動ブレーキ機能って一体どんな機能なんでしょうか?

1.初めに、自動ブレーキ機能ってどんな機能なの?

自動ブレーキ機能とは、障害物や人間をセンサーなどで検知して、衝突を回避する機能のことです。
センサーは大きく分けると、「ミリ波レーダー」「ステレオカメラ」「赤外線レーダー」の3種類が使われています。

【ぶつからないクルマ】「自動ブレーキ」の各社比較 – NAVER まとめ

自動車メーカー、車種によって違っているのですね。。。

スポンサーリンク

自動ブレーキ機能の車が初めて登場したのは、2009年に発売された「ボルボXC60」に搭載されていた「シティ・セーフティ」でした(海外では2008年には搭載されていました)。
そして日本の自動車メーカーでも、2010年にスバル・レガシィに搭載された「アイサイト」が登場しました。

それまでは、自動ブレーキ機能はあくまで衝突時の被害軽減を目的としており、装置を過信してしまうという理由から、衝突前の自動停止はあえて規制されていましたが、アイサイト搭載のスバル・レガシィの発売以降は、その規制が撤廃されました。

アイサイトが登場するまでは、自動ブレーキ機能搭載の自動車は、実は高価だったので、知名度も低かったそうです。
しかし、アイサイトは約10万円という手頃な価格設定にしていたため、高い人気を獲得することになったのです。

その後、マツダやダイハツなどの国内自動車メーカーも、自動ブレーキシステム搭載の車を次々と発売し、徐々に普及していったのです。

今では、高級車から軽自動車まで、いろんな車種でこの機能を搭載しています。

ちなみに、スバルのアイサイトは、2つの「ステレオカメラ」で車前方の空間を認識して、車・自転車・人や物などにぶつかりそうな時に、ブレーキと連動して自動で止まってくれます。
最新型の「アイサイトver.3」では、ステレオカメラのカラー画像化、カメラの望遠・広角化。高解像度化といった基本性能がさらに向上し、より正確に早いタイミングで危険を察知することが出来るようになりました。
SUBARU : スバル アイサイト総合サイト アイサイトとは

スバルの「ぶつからないクルマ」は本当にぶつからなかった! 事故6割減 『新型フォレスター』がスゴい! | ガジェット通信

2.自動ブレーキ機能のおかげで、事故が6割減!という驚きの調査結果が!

2016年1月末に、スバルが「アイサイト搭載車の事故件数調査結果について」の発表がありました。
2010年度から2014年度に日本国内で販売したスバル車の人身事故件数について、アイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たり件数で、全体で約6割減であることが分かったそうです。
追突事故で約8割減、歩行者事故では約5割減なんだそうです。
富士重工業株式会社 ニュースリリース

いやーすごいですね!スバルのCMで「ぶつからない車」と言ってましたが、本当にぶつからない車だったんですね!
しかし、ここまで事故を減らすようになるまでに、様々な研究や改良を重ねてきたのだと思います。スバルさん!アイサイトは超絶スゴ技な技術ですね!

3.先進安全自動車(ASV)は、2017年から保険料を1割程度割引へ!

ここまで自動ブレーキ機能の自動車が増えてきているので、自動車保険も変わるのでは?と思ったら・・・
実は、損害保険各社は2017年から、自動ブレーキ機能などの先進的な安全装置を搭載する「先進安全自動車(ASV)」について、任意保険料を平均で1割程度割り引く方針を固めたそうです。
自動ブレーキで事故6割減 変化迫られる自動車保険 (乗りものニュース) – Yahoo!ニュース

しかし、事故件数が大幅減少しているのに、1割しか割り引かないのもちょっと納得いきませんよね。
数年後自動ブレーキ機能の義務化によって、自動車保険がまた大幅に変化するのかもしれませんので、静かに見守っていきたいと思います。

ここまで自動ブレーキ機能のことについて書いてきましたが、
自動ブレーキ機能は千差万別で、スバルのアイサイトのような高性能のものもあれば、軽自動車に搭載されている自動ブレーキ機能は、30km/h以下で走行中に車両に対してだけ働く簡易型が主流なんだそうです。

なので、自動ブレーキ機能が付いているからと言って、必ず「ぶつからない車」にはならないのです。

自動ブレーキ機能が付いている車を購入しても、いつどこで事故が起こるかは分かりません。自動ブレーキ機能が作動しない時もあるのかもしれません。
皆さん、日々安全運転で事故の無いように心がけて下さいね!

スポンサーリンク

生命保険料の節約や保障見直しに、無料の生命保険見直し相談を活用
 ファイナンシャルプランナー(FP)による、生命保険見直し相談のサービスが無料で提供されています。生命保険で保障内容を見なおしたり、保険料を節約したい場合に活用できます。保険のプロに無料で相談できるのでお得で安心です。
保険マンモスの無料保険相談
保険マンモスでは、保険・お金に関する悩みをFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できます。貯金ができない、老後や病気・怪我が心配、生命保険の保障内容を見直したい、などのお悩み・ご要望をFPに相談して解決できます。
保険マンモス【無料】保険相談で楽天スーパーポイント3000pプレゼント!
保険マンモスと楽天のコラボによる保険見直しサービスです。ファイナンシャルプランナーに無料で家計や保険のことを相談できる上に、楽天ポイントを3,000ポイント(3,000円分)もらうことができます。お金の悩みを解決するためにプロのファイナンシャルプランナーに相談できつつ、楽天ポイントももらえるという一石二鳥でオトクなサービスです。
 なお楽天の会員の方であれば、上記の保険マンモスのキャンペーン用リンクからですと、楽天ポイントが6000ポイント(6000円分)もらえるのでさらにお得です。
自動車保険を安くするには一括比較見積もりが便利
 少しでも自動車保険料を安くするためには、自動車保険の無料一括見積もりサービスが便利です。一括で無料見積りできて、自動車保険会社各社の保険料・保険内容を比較検討できます。
【無料】複数の保険会社から自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
保険スクエアbang!では、複数の自動車保険会社に無料で一括して見積もりを依頼できます。見積り依頼で、平均で25000円安く、また5万円以上保険料が安くなった方もいらっしゃいます。5分でできる簡単入力で見積もり結果がすぐに分かり、各保険会社の見積もりを比較検討できる便利なサービスです。