ついに自動運転が実用化へ!自動運転車について調べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前、自動車の自動ブレーキ機能の義務化について書きましたが・・・
自動ブレーキが義務化に!自動車保険への影響は? | 保険見直し入門
自動ブレーキ機能の義務化とともに、自動運転車も実用化に向けて動き出したそうです。
実は、公道で走行出来る自動運転車は、2016年現在ではまだどこの国でも市販されていないそうです。
一体なぜでしょうか?調べてみたら面白かったので書いていこうと思います。

1.自動車の自動運転について

矢沢永吉さんがハンドルから手を離して、車が自動運転している日産のCM、カッコいいですよね。
何故、自動的に車が運転出来るのでしょうか?

まず最初に、自動運転車の自動運転の機能などについて書いていこうと思います。

自動運転は、ロボット工学、人工知能(AI)、センサー、自動車間無線通信を組み合わせた技術なのだそうです。
もう「自動車」というより、「自動車の形をしたハイテクロボット」と言ってもいいのかもしれません。

日本政府や米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)では、自動化のレベルを以下のように定義しています。

■レベル0→ドライバーが常に全ての加速・操舵・制動の操作を行う
■レベル1→加速・操舵・制動のいずれかをシステムが行う状態(自動ブレーキなどの安全運転システム)
■レベル2→加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行う状態
■レベル3→加速・操舵・制動を全てシステムが行い、システムが要請したときはドライバーが対応する状態
■レベル4→完全自動運転。加速・操舵・制動を全てドライバー以外が行い、ドライバーが全く関与しない状態。安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムや外部に委ねる

実は、レベル3に該当するシステムが2016年現在では市販されていませんが、多くの自動車メーカー・その他の企業が、レベル3相当の自動運転車の市販に向けて開発を行っているそうです。

日産・ルノーのカルロス・ゴーン氏による自動運転についてのQ&Aの記事に、自動運転車についてのことが詳しく掲載されています。面白かったので、こちらのほうも参照して下さい。
ゴーン社長がQ&Aで答える「自動運転車の真実」

スポンサーリンク

2.自動運転車の実用化へ、日本もついに動き出した!

経済産業省と国土交通省は、2020年度にも、専用の道路で運転手がいなくても走行できる車の実現を目指し、自動運転車の実現に向けて動き出しました。
自動運転車:開発は官民連携で トヨタなど12社 – 毎日新聞

自動運転、20年度にも専用道走行…官民で開発 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

国内の自動車大手6社、自動車部品メーカーや電機大手6社が連携して、官民が一体となって取り組んでいくとのことです。
すでに欧米では、自動車メーカーの研究開発以外にも、グーグルやアップルなどの異業種も参入して、自動運転車の研究開発に力を入れているとのことです。

実は、自動運転車の普及で、自動車事故の大幅な減少につながると期待されています。
そして自動運転によって運転のストレスも減り、さらには高齢者が安心して車に乗ることも可能になるのです。

例えば、運転中にハンドルを握らず、車の中で読書や電話。
車の中で家族みんなでトランプゲームや映画鑑賞。車で家族団らん。
夜中に寝ながら車での移動が可能になり、お昼間の高速道路の渋滞が緩和。

自動運転車によって、上記のことが数年後に実現出来るのかもしれません。

3.もしかすると、自動運転車も保険料割引になるかも!?

いや、まだ分かりませんが。。。
前回、自動ブレーキ機能の車は、2017年から保険料が1割割り引くそうなので、自動運転車も、保険料の割引対象になるかもしれません。

しかし、自動運転車の普及によって、事故の大幅減少やCO2削減などが期待されているそうなので、自動運転車で本当に事故が減ったら、保険料が安くなるかもしれませんね。

実は、東京海上日動火災保険が、自動運転の実験車に向けた損害保険を、2016年3月末に国内で初めて発売すると発表されました。
自動運転実験に保険、修理費など補償…東京海上 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

この保険は、公道での走行実験で破損した、部品の修理費などを補償する保険で、実験に取り組む企業や大学に売り込むのだそうです。
自動運転車のレーダーや車載カメラなどは、修理や交換に多額の費用がかかるそうなのです。
この保険によって、自動運転車の新たな保険商品の開発に役立てる、との狙いもあるそうです。

今後、自動運転車の実用化を向けて、自動運転車向けの保険商品の開発も進むと期待しています。

いかがでしたか?

既に日本では、自動車メーカーやいくつかの大学などで、公道での走行実験に乗り出しているのだそうです。
自動運転車の開発は、これから急速に発展しそうですね!

自動運転車とか、幼いころに見たSFの漫画でしか見たことがなかったのですが、自動運転する車が公道を走る日も、意外と近いのかもしれませんね!

スポンサーリンク

生命保険料の節約や保障見直しに、無料の生命保険見直し相談を活用
 ファイナンシャルプランナー(FP)による、生命保険見直し相談のサービスが無料で提供されています。生命保険で保障内容を見なおしたり、保険料を節約したい場合に活用できます。保険のプロに無料で相談できるのでお得で安心です。
保険マンモスの無料保険相談
保険マンモスでは、保険・お金に関する悩みをFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できます。貯金ができない、老後や病気・怪我が心配、生命保険の保障内容を見直したい、などのお悩み・ご要望をFPに相談して解決できます。
保険マンモス【無料】保険相談で楽天スーパーポイント3000pプレゼント!
保険マンモスと楽天のコラボによる保険見直しサービスです。ファイナンシャルプランナーに無料で家計や保険のことを相談できる上に、楽天ポイントを3,000ポイント(3,000円分)もらうことができます。お金の悩みを解決するためにプロのファイナンシャルプランナーに相談できつつ、楽天ポイントももらえるという一石二鳥でオトクなサービスです。
 なお楽天の会員の方であれば、上記の保険マンモスのキャンペーン用リンクからですと、楽天ポイントが6000ポイント(6000円分)もらえるのでさらにお得です。
自動車保険を安くするには一括比較見積もりが便利
 少しでも自動車保険料を安くするためには、自動車保険の無料一括見積もりサービスが便利です。一括で無料見積りできて、自動車保険会社各社の保険料・保険内容を比較検討できます。
【無料】複数の保険会社から自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
保険スクエアbang!では、複数の自動車保険会社に無料で一括して見積もりを依頼できます。見積り依頼で、平均で25000円安く、また5万円以上保険料が安くなった方もいらっしゃいます。5分でできる簡単入力で見積もり結果がすぐに分かり、各保険会社の見積もりを比較検討できる便利なサービスです。